ドールハウスHow To~板は何を買えば良いのか~

ドールハウスHow To~板は何を買えばいいか。

詳しい図面の書き方の説明を飛ばして、板の説明です。

その前に前回の説明文の補足を。
実物の建物のサイズを計算機を使って12で割ります。
(1/6の方は6で割ります)
細かい0コンマ以下の数字は切り上げ又は切り下げ。

の実物の建物サイズとは、ご自宅の天井の高さやドアや窓は
ご自宅の物を図った数字又はカタログに出ている数字のことです。

板の説明の続き

普段私が使用しているのはシナベニアですが、
ドールハウスを作る方の多くは普通のべニアを使っているようですが、
私は板の表面が綺麗なシナべニアを使っています。

シナベニアの表面。
bu105.jpg

シナベニアの断面。
bu109.jpg

3層になっているのがお分かりですか?
中心はべニア板で両面を化粧合板で挟んでいます。
固い部分は1ミリ厚の化粧合板部分だけ。

それでも頑丈な板です。
色塗りは綺麗に塗れて仕上がりが綺麗です。

通常のドールハウスには4ミリ厚を使用。
1/6の場合は5,5ミリ厚を使用しています。
8ミリ厚の物は
bu108.jpg

かなり頑丈ですが、持ち運びしない場合はこの厚さは重くて
窓抜き、ドア抜きも大変なので、初心者には8ミリ以下の厚さが良いかと。

初心者向けの講習で使っているのはバルサ板

バルサ材の表面。
bu106.jpg

バルサ板の断面。
bu107.jpg

画像で比較してみると丈夫差の違いが分わかりますが、
バルサ板は軽くて扱い易いので初心者向けです。
しかし、その分壊れやすく、衝撃に弱いので、
鋭利な物や固いものに当たるとその部分だけが凹んでしまいます。

毛羽立ち易いので表面をヤスリや布で綺麗にしておかないと
色塗りは綺麗に仕上がらないので注意を。

スチレンボードや断熱材をお使いになる方が増えてきましたが、
強度の意味でも是非、木材で制作されることをお勧めします。

ここに書いた板と別の種類の板も売っていますので、
ご自分の扱い易い種類の板をお使いになるのが良いと思います。

是非、ホームセンターに行って断面や重さの違いを
確認されてみて下さいね。

明日はアトリエ教室、1/6平日クラスの初回講習日です。

ドールハウスHow Toはホームページでも詳しくご案内していますので
覗かれてくださいね。

::::::::::::::::::::::::::::::

にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
↑↓ランキングに参加しています。ワンクリックして下さると嬉しいです♪



いつも拍手、コメントをありがとうございます♪♪

テーマ : *"*ブライス*"*   ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

yasuko_uda

Author:yasuko_uda
ミニチュア・ドールハウス作家、宇田泰子のDollhouse& dollブログ。
作品はドールハウス&ミニチュアまでオリジナルで作っています。当ブログではドールハウス&ドール用の1/12,1/6家具制作、講座のご案内をしています。
リンクをお貼り下さる方は拍手コメントにて一言メッセージをお書き下さい。
atelier Blue Roof ホームページ
http://www.blueroof.ecweb.jp/

お問い合わせはホームページ内アドレスにてお願い致します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター